1. TOP > 
  2. NEWS > 
  3. GRAND WIZZARD THEODOA INTERVIEW

BLOG ブログ

2012/09/25GRAND WIZZARD THEODOA INTERVIEW

theodoa_3.jpg
Q:日本はどうですか?
T:大好きだよ!!日本に来るのは初めてなんだけど、コレが最後じゃなくてまた絶対来たいと思うよ。


Q:DJを始めたきっかけは何ですか?
T:DJが好きだったからだよ。自分自身を表現する手段だね。
嫌な気分のときも、学校へいくときも、車にのっているときも、音楽をかけることができて、それによってハッピーな気分になれる。
音楽をかけることは、自分のエネルギーを発散する手段だったんだよ。


theodoa_2.jpg
Q:スクラッチはどのように作られたのですか?
T:DJを練習しまくったんだ。カセットテープを作っていて、そのときにスクラッチができたんだ。1975年からクラブにいってたよ、21歳としてね(笑)


Q:HIP HOPはあなたにとってなんですか?
T:HIP HOPは俺の人生だよ。平和・愛・協調、そして楽しむこと。それがHIP HOPだからさ。


theodoa_4.jpg
Q:最近のRAP業界をどう思いますか?
T:ラップ業界は毒に犯されてるね。みんなお互いを殺しあったり、そのようなことをしている。
HIP HOPって本来そういうものじゃないから。AFRICAN BAMBAATAが言っていたけど、HIP HOPは、"One Nation Under A Groove"なんだよ。
ただ楽しむんだ。だれも嫌な思いはしたくない、ただハッピーになれるというのがHIP HOPなんだ。


Q:新人ラッパーで注目しているラッパーはいますか?
T:多くの若いラッパーたちは、カネのことやそんなことばかりラップしてる。だから今は特にはいないかな。


theodoa_1.jpg
Q:これからDJを始める子にアドバイスをください。
T:俺のアドバイスは、KOOL HERCを知り、GRANDMASTER FLASHを知る。
まず今日のHIP HOPやHIP HOPカルチャーを創ったすべてのDJの先駆者を知ること。
彼らを知ったあと、自分自身のスタイルや、アイデンティティが生まれるんだ。そうしてうまくなっていくんだと思うよ。


Q:今日はありがとうございました。
T:ありがとう。

theodoa_5.jpg

Interviewer : 高橋 侑
Photo : Ena Yanai
  • 総合TOP
  • オンラインショップ
  • manhattanrecords shibuya store
  • manhattanrecordings
  • Mail Magazine メルマガお申し込み
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • ブログ