1. TOP > 
  2. NEWS > 
  3. DOGEAR RECORDS INTERVIEW

BLOG ブログ

2013/01/07DOGEAR RECORDS INTERVIEW

interview_news_2.jpg

DOGEAR RECORDS×MANHATTAN RECORDS
コラボレート企画の幕開けにインタビューを敢行!!



―どういうキッカケでレーベルを立ち上げたのかお聞きしたいです。

Mr.PUG: 確か103LAB.EP出すってなって、自分らで出す時にまずCD置いてもらったりするにもレーベルだったりなんなりが必要ってのがあって。
で名前考えて、ちょうど6年ぐらい前、2006/11/11にMONJUの103LABが出たと同時にDOGEAR RECORDS始動みたいな感じでやって。そっからって感じっすね。


―レーベル名の由来ってなんですか?

Mr.PUG: すげえみんなで考えてて、なんかいいのないかなっつって、MONJUだったんで1982年生まれで戌年だから"DOG YEAR"つうのもあって、あと本の気になるページの角を折るっていうのが"DOG EAR"って意味らしくて。俺らの耳ってのもあったりとか全部含めてDOG EARかな。


―そういう色んな意味があるんですね。・・SORAさんもしゃべってください。

SORA: 俺だって知らねーもん。俺が満喫で働いてた時でしょ?で多分、ロゴを考えるのがちょうどお正月で。仙人掌の宅でおでん食いながらロゴを考えるみたいな話になって。

ISSUGI: ダウンノースのロゴ?

SORA: いや、DOGEARのロゴだね。で俺「漢字で犬嫌いって書けばいいんじゃないの」って。

Mr.PUG: ドッグ嫌―


―あーなるほど(笑)

SORA: でガンガン却下されて。(笑)

Mr.PUG: 今知ったね、知らなくても良かったね。(笑)


―その時のシーンの状況ってどうでしたか?

Mr.PUG: あー、CONCRETE GREENの時だよね?ちょうど流れ的にCONCRETE GREENとかに入れてもらえる機会があって。恵まれてたかなってタイミング的に。ISSOさんとかヒキチさんとか色んな人にも手伝ってもらって、つーか良くしてもらって。WENODさんだったりとか、Disk Unionさんとか他のお店さんにも良くしてもらって。103LABは300枚しか刷らなかったけど、ありがたいことにすぐなくなってくれて。

そのあと16FLIP VS SEEDAのROOTS&BUDSを出すタイミングでまたお願いして、って感じで動いて。なんかそんときはひたすらライブやってたよね、最低月4とかで。

ISSUGI: 毎週のようにやってた。


―ライブでの反応とか、リリースの反響をどう思いますか?

Mr.PUG: 最近は16FLIPとかISSUGIとかのCDリリースをP-VINEさんに協力してもらったことで、ネットとか色々なメディアでの広がりが凄いなって感じてる。仙人掌の"Raw Deal"もそうだけど、自分達が今までやって来たやり方とは違う方法で試みてるけど、すごくいい感じだと思う。そういった意味では変わった感じになってるのかもしれないけど、やってるアーティスト本人が良ければそれでいんじゃないかなって。

SORA: 俺はDNCの中にいても常にヘッズ目線で居るからやっぱりあれだよね、変な話、鳥肌とか立たなくなったら多分手伝ったりしなくなると思うね。それがみんなを初めて観た時から今までずっと近くで観てきて、新曲持ってくればヤバイってなってまた鳥肌が立つ。そーじゃなきゃやれてないね。ちょっと真面目に答えたね。

ISSUGI: いきなりそういう空気になったね。

Mr.PUG: まじかよこいつとか思った(笑)

SORA: あはは!やでもまぁ、これが素直な気持ちだよ。じゃないとやんないっしょ。

ISSUGI: 俺は、最初は東京でしかライブやってなかったけど、CD出して色んなとこ呼んでもらうようになって、で行くと嬉しいし。なんつーんだろうな、俺らが東京で出したやつを聞いてくれる人が色んな場所にいるんだなって思うし。うれしーっすね単純に。


―メンバーと昔からずっと一緒にいるSORAさんから見て、今DOWN NORTH CAMPはどのような存在になっていると思いますか?

SORA: うーん、みんなやっぱグループでもMCって一人なわけじゃん。それがたまたま集まって出来て、そのさっきのISSUGIの話じゃないけど、地方から帰ってきたらパワーアップしてるのを感じ取ったりするんだよ。色んな人達と出会って良いお土産を貰ってきたんだな~ってライブを観れば分かるんだよね。それをダウンノースで言っちゃえば、ダウンノースでライブ呼ばれることってあんまりないからさ。呼ばれた時は、メンバーも直前まで誰が来るとか分からない事とか、しばしあったりするから集合した時には、多分お客さんよりステージ上の本人達が一番楽しんでると思うんだよね。俺も横にいてそうだし、お客さんのこととか考えれてないと思うんだよ。ブチ上がり過ぎて(笑)

なんつったらいいかわかんないけど、それがお客さんにも自然と伝わってくれていれば一番いいと思う。要は一人一人がライブやRECを重ねパワーアップした自分達が、たまに集まるステージ上で爆発しちゃうって言うか...

でもやっぱダウンノースのライブが終わって、また一人一人が、何処かでソロで呼ばれて、その時はまた自分の色を出してる。だからダウンノースが集合した時は凄くカラフルな迷彩色みたいな感じかな。


―DOGEAR RECORDSのこだわりはありますか?

Mr.PUG: こだわり、、レーベルカラー的なこだわりは多分ない気がするっすね。みんなそれぞれ持ってる物があるから。それであとは出すだけみたいな。なるべくそのアーティストがやりたいと思ってることを100%出す為のサポート的な感じのこだわりにはなってるけど、それってレーベルを運営やサポートしている側なら自然なことだし。これはいいんじゃないかなって思いつきがあれば提案するけど、最終決断はアーティスト本人だし、提案に対してNO!って言われても全然OK!みたいな感じで不満無しでリリース出来てると思うかな。


―DOGEARからリリースするアーティストはどういった経緯で?

Mr.PUG: 普通に近い存在っていうか身内、一緒に遊んでるメンバーかな。急に全く全然知らない人引っ張ってきてってのは一回もないすね。


―仲間でやってきてる感じですよね。

Mr.PUG: 佐々木(Kid Fresino)とか、もろそうで。昔から気付いたら一緒にいて、でラップ始めましたって最近言われて、聞いたらやばくて出そうつってトントン拍子で話が決まってお互いアガったね。

SlackもSlackで仙人掌がヤバイからつって教えてもらって。であいつ自分でCD出すって言ってたけど、出すためのお金なくしちゃってどうしたらいい?ってなって、じゃあDOGEARから出す?って話してやろうってなったんだよね。

SORA: 8万落したんだよ。


―あーなんか書いてありません?CDの・・

ISSUGI: 書いてあったかも。


―最近ホームページもパワーアップしましたね。

Mr.PUG: あれもほんと、タイミングがみんな揃ったっつーのもあって、でまあ6周年とか言ったけど、後から気付いた感じで。たまたまほんとに全部がその流れに引き寄せられたっつーか。俺が出すって言ったのもあったし、16FLIPが11月に出るってのもあったし、仙人掌のRaw Dealのプロジェクトも全部含めて前の段階で作るっていうのでCPFさんに協力してもらってホームページも出来て。狙ってたわけじゃなくて気付いたらそうなったみたいな。

他のリリース予定のアーティストたちも相乗効果って言うかその流れを感じたのかわかんないけど、みんなはっきりして結果的にタイミング良く出すみたいな感じになったかな。ぶっちゃけ自分たちが一番ビックリしてるよ。


―それでは、DOGEAR RECORDSの今後の展望を教えてください。

Mr.PUG: とりあえず、今ある予定のものを出して、みんなやる気になってまた新しいのが出れば。俺とかもろそうっすけど今更って感じで出すし、佐々木とかはこの歳で出すし。まあ歳とか場所とか関係ないけど普通に全然やばいと思うし。仙人掌もCPFさん主導だけど別って感覚は全く無くやってるし。ISSUGIももちろんで。あとはもうちょいスパン短く出せるような、リリーススキルがついたらいいっすね。ぽんぽん遊びながら出せるっつーか。

SORA: 俺はもう、DOGEARっつーかREFUGEE MARKETを最終的にほんとのお店としてやりたいってのがあるんで。みんな好きな本とかレコードとか持ってきて。俺がご飯作って。とりあえずは、どっかのスペースを借りてお店的なこと、要はおままごとみたいな感じだけど、年に1、2回ぐらいシャッター開けれたら。

ISSUGI: 何作るんすか、ごはんは。


―ごはん(笑)

SORA: あれだね、うどん。作りたいうどんがあるんだ。田舎のおばあちゃんの秘伝のスープがあるんで。(笑)それ出せる喫茶店にしたいですね。


―2013年こう動いて行こうみたいなのはありますか?

SORA: 7月ぐらいに少しだけ大きい場所でレフジーをやろうと思ってます。
あとは1/13に下北のレンタルスペースを借りて。DNCコーチジャケット、キャップの販売、私物フリーマーケット。DNCのジンを作ってくれたりしてるKOSAKA GOROの 個展を兼ねてREFUGEE MARKETをやります。

―PUGさんのスニーカーも。

ISSUGI: え、出すのそんなの?

Mr.PUG: それ前にも誰かに言われたけどわかんないよ。もしかしたら履いてないやつだったら出すかも。

ISSUGI: 身内優先で先にちょっと、、

SORA: ダメだよ。

ISSUGI: ダメなんだ。きびしー(笑)

SORA: でもねやっぱ身内・・そこはやっぱお客さん。。俺も来てない服がんがん出そうと思ってる。

Mr.PUG: もし出すとしても履いてない靴しか出せないよ?

SORA: けっこーありそうだね、俺が先に行きそうだけどね。

Mr.PUG: 身内じゃん。(笑)

SORA: もう権力振り回すよ。自分の店だからみたいな(笑)

ISSUGI: 一番危ないタイプだね。

SORA: しかもサイズもちょうどいいしね、PUGのやつだと。

ISSUGI: マジじゃんこの人。

Mr.PUG: とりあえず、面白くやりたいっすよね。

SORA: ただそれだけだよ。なんかいつになっても。

Mr.PUG: やってくうちに、新しい視野とか見えてくると思うし。こういうやり方もいいなとか出てくると思うから。それぞれが納得した上で、今まで通りのやり方ももちろん、それ以外で試すなら試してみてって感じかな。

別に大きくしたいっていうんじゃなくて色々試して自分達的に面白くしたいっす。それで聞いてくれる人達が楽しんでもらえれば最高っすね。



【DOGEAR RECORDS】
http://www.dogearrecordsxxxxxxxx.com/

2012/12月中旬@Lexington.ltd
Interviewer : Nao Katsumoto (Manhattan Records)


■第一弾リリース
Mr.PUG from MONJU
限定12inch!!!

Number Check / Swagger Humble

2000001005286_p1_2.jpg

ご予約はこちらから(CLICK HERE)


  • 総合TOP
  • オンラインショップ
  • manhattanrecords shibuya store
  • manhattanrecordings
  • Mail Magazine メルマガお申し込み
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • ブログ