1. TOP > 
  2. NEWS > 
  3. YOUNG FREEZ -SPECIAL INTERVIEW PART 1-

BLOG ブログ

2015/02/02YOUNG FREEZ -SPECIAL INTERVIEW PART 1-


東京のHIP HOPシーンでは最もアルバムが待たれていた1人と言っても過言ではないYOUNG FREEZ。 
2/11にリリースされる待望の1stアルバム「BE FAME」を記念して2回に分けてスペシャルインタビューをお届けします!!

CCW_1085.jpg


ー アルバムリリースおめでとうございます。待望の1st Albumとの事で、アルバムの前にまず「YOUNG FREEZ」のまずバックグラウンドから少し教えて下さい。

家族全員昔から洋楽ばっか聞いてたんでそっから音楽にのめりこんでいきました。
兄貴もRAPやってたんで入り口は広かったです!
周りでつるんでた奴らも13,14歳でラジカセ爆音で街中でNASとか流しながらチャリンコ乗ってたんで完全にそういう生活に浸ってましたね。気がついたら今です。


ー ラップを始めたのはいつ頃ですか?また理由もあれば教えてください。

ラップを始めたのは17歳のときで、元々はLOCAL BABYLONってクルーのBACK DJをやってました。
その頃1VERSEだけラップ書いて、初のステージの時がブエノスだったんですけど、その時クルーの奴全員リリック飛ばして。俺当時DJだったのに俺だけ飛ばさなかったんすよ。そっから気付いたらLOCAL BABYLONのメインでラップしていく流れになってましたね。


ー なるほど。。ラップを始めるにあたってアーティストネームどういった経緯で決めたのでしょうか?

自分が生まれたのが、一年で一番寒い日の大寒の日なんでFREEZで、YOUNG はJEEZYとか当時超好きだったんでこの名前になりました。いつまでYOUNG でいられるかですね(笑)


ー 当時JEEZYが好きだったとの事ですが、他にはどんなアーティストを聴いて育ちましたか?またラッパーとして影響を受けたのはどんな人達?影響受けたスタイルやラッパーがいますか?

小学生の時はZEEBRAとかKICK THE CAN CREWとか聞いてて,中学の頃にはNAS,BIGGIE,JAY-Z,2PACとか聞いてました。
寝るときとか2PACの「DO FOR LOVE」でしたね(笑)  
ラッパーとして表現するようになって影響を受けたのはDIPLOMATSくらいからです、その頃からRAP始めたんで丁度真似したりしてました(笑)  


ー 当時にDIPLOMATSの影響は凄かったですもんね。。この流れで「My Favorite Song Best 3」を教えて頂けますか?

◆Camron / I Really Mean It


◆BIG-T / Can You See the Light

◆Vic Mensa / Down On My Luck
2014年リリース。


Vic Mensa / Down On My Luckが入っていたのは意外でした。。2003年リリースの物から2014年リリースの最近の物まで選んで頂きましたが、当時(駆け出しの頃)のスタイルと今のスタイルで見せ方やビジョン、考え方の変化はあったりするのでしょうか?

当時はグループでやっていたので集団モノのMCに憧れてました。
WU-TANGみたいなタフでハードなスタイルを超意識してたし、もっと今より男臭めなHIPHOPを作ろうとしてました。自分のバックボーンだったりストラグルとかばっか歌ってましたね。それでもいつかはソロに転身しようと意識はしてたので、今みたいな色んな曲を書くスタイルは視野にありました。
それでも今回アルバムに収録の「No One」なんかはクルーでは絶対書かない曲ですね(笑)


ー なるほど、やはりソロとクルーとではカラーが違ってくるんですね。ちなみに楽曲制作自体はいつ頃から意識し始めたのでしょうか?

アルバム製作は多分何年も前くらいからずっと意識はしていたし、曲も結構作ってたんですけど、いざ集中して短期で完成させるってスイッチが入らなくて。 それで今回Manhattanさんとアルバム出すって話しもらって詰めて製作に入りました。
案外やれば作れちゃうもんすね。
一枚出来ただからだと思いますけど、作品を作るの凄い慣れた気がします。


音楽以外で興味があったり、やっていた事はありますか?

音楽以外はトレーニングしてます。最初は体力落ちたのに気付いて始めただけだったんですけど、今は超ハマって、もう何年もやってます(笑)
モチベーションあがるし良いですよ! あとは服のデザインとかもやってこうかなって思ってます。それと今回の作品のMV制作も関わってます。2月上旬に「No One」のMVをアップする予定なのですが、MV制作は「シンプソン」ていうディレクターと共同で進めてきました。
自分は編集出来ないので、構成作りで関わってます。
あともう少ししたら留学に行くつもりです、やりたいことは沢山ありますね。


2月上旬には「No One」のVIDEOを公開予定との事!!
次回はアルバム本編の内容についてもう少し詳しく聞いていきたいと思います。
Part2へ続く.....


【アルバム詳細】
YOUNG FREEZ 1st Album「BE FAME」
2015.2.11 Release

LEXCD15003-JK.jpg


Manhattan Recordings / Lexington Co., Ltd. 

日本語ラップ発信地「東京」から産まれた新たなスタンダード。 豊作世代、87年代最後の刺客 "YOUNG FREEZ"待望のフルアルバムが完成!!! 東京アンダーグラウンドでは名の知れていた6MC1DJからなる"Local Babylon"の中心人物として、10代の頃から 大小問わず数多くの現場と客演をこなし、最もアルバムが待たれていた1人と言っても過言ではない、YOUNG FREEZ。 2012年には『BLACK FILE』 STUDIO LIVEにて次世代代表としてSALU, OMSB'Eats, KLOOZ, QN, DAG FORCEと共にフリースタイルLIVEがO.A。今となっては全員シーンの中心人物となったが、唯一この中でアルバム未発表であったYOUNG FREEZが遂にフルアルバムを解禁!!!客演陣には「ワンハネ」でお馴染み盟友JAZEE MINOR、、日本語ラップ界随一のエンターテイナー十影、レペゼン静岡サイレントヒルズNIYKE ROVINZ、Local BabylonよりKNELL、シンガーAicoに加え、プロデューサー陣にJIGG、 A-KAY、Illstickman、MONBEE、LAZY SIMON、ZOT on the WAVE、DJ SIBAと納得の面子が参加。 日本語ラップとしての「言葉の置き方」、「言葉運び」、「フロウ」に加え、その他とは一線を画す「声」は正に唯一無二。 アルバム1枚を通して聴き終わる頃にはYOUNG FREEZの世界観に酔いしれることになる。2015年上半期の重要作。この先も見逃せない!!

1 バースデイ
2 No One
3 NEW FAME / feat. JAZEE MINOR, RYKEY
4 R.P.G / feat. 十影, NIKYE ROVINZ
5 Deeper Deeper / feat. Aico
6 I Don't like them
7 Wait is over
8 A.G.N.S.
9 Unfair
10 ニュース / feat. KNELL, JAZEE MINOR




  • 総合TOP
  • オンラインショップ
  • manhattanrecords shibuya store
  • manhattanrecordings
  • Mail Magazine メルマガお申し込み
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • ブログ