1. TOP > 
  2. NEWS > 
  3. 【グラミー10冠!】ジョン・レジェンド、チャンス・ザ・ラッパー等豪華ゲスト参加の最新傑作アルバム発売!貴重なパフォーマンス映像も公開!

BLOG ブログ

2016/12/09【グラミー10冠!】ジョン・レジェンド、チャンス・ザ・ラッパー等豪華ゲスト参加の最新傑作アルバム発売!貴重なパフォーマンス映像も公開!

003.jpgグラミー10冠に輝くシンガー・ソングライター=ジョン・レジェンドが、通算5作目となる待望のニュー・アルバム『ダークネス・アンド・ライト』のリリースを記念して、ロサンジェルスで開催されたライヴ・イベントに登場し、同作からの最新シングル「ラヴ・ミー・ナウ」や全米No.1ヒット「オール・オブ・ミー」等を披露。来場した観客を心酔させたその貴重なライヴ映像が、本日ジョン・レジェンドの公式YouTubeチャンネルで独占公開された。最新作『ダークネス・アンド・ライト』にはチャンス・ザ・ラッパーやミゲル、ブリタニー・ハワード(アラバマ・シェイクス)、カマシ・ワシントン等豪華アーティストが参加!


111.jpeg

 本日、来年2月に開催される第59回グラミー賞のノミネーションが発表となったが、これまでに同賞で10冠に輝き、今年、映画『グローリー/明日への行進』の主題歌「グローリー」で<アカデミー賞主題歌賞>も受賞したシンガー・ソングライター=ジョン・レジェンドが、通算5作目となる待望のニュー・アルバム『ダークネス・アンド・ライト』のリリースを記念し、全米で絶大な人気を誇るネットラジオiHeart Radio主催のライヴ・イベントに登場、ニュー・アルバムからの最新シングル「ラヴ・ミー・ナウを始めとする新曲3曲に加え、全米1位を獲得した大ヒット曲「オール・オブ・ミー」を始めとするこれまでのヒット曲3曲の、全6曲をパフォーマンス。最新アルバムでは生バンドの壮大なサウンドをバックに、さらに深みを増した最新型のジョン・レジェンド・メロディを披露して海外メディアやファンからも大きな称賛を受けているが、この日のライヴではジョンならではのしっとりとした美しいピアノの弾き語りスタイルによるパフォーマンスで、来場したオーディエンスを心酔させた。その貴重なライヴ映像がジョン・レジェンドの公式YouTubeチャンネルにて本日より公開となっている。


<ジョン・レジェンド: 最新ライヴ・パフォーマンス映像>

「ラヴ・ミー・ナウ」(最新アルバム収録): 

 

「オーヴァーロード」(最新アルバム収録): 

 

全米1位を獲得した大ヒットシングルを生んだ傑作アルバム『ラブ・イン・ザ・フューチャー』に続く約3年ぶり、通算5作目となるニュー・アルバム『ダークネス・アンド・ライト』には、来年開催の第59回グラミー賞で<最優秀新人賞>を含む計7部門にノミネートされている大注目新人=チャンス・ザ・ラッパーや、昨年の3部門受賞に続き、同59回グラミー賞で2年連続ノミネートされているアラバマ・シェイクスの女性ヴォーカリスト=ブリタニー・ハワード、そしてグラミー受賞歴のある実力派R&Bシンガー=ミゲルといった豪華な面々が参加。さらにバック・ミュージシャンには、今新たな黄金期を迎えるジャズ・シーンを象徴するスター・サックス奏者で、今週の単独来日公演も大盛況となっているカマシ・ワシントンのほか、ベースには日本でも人気の高いジョン・メイヤー・トリオのメンバーとしても知られるピノ・バラディーノ、そしてドラムには、ロバート・グラスパー・エクスペリメントでも活躍し、マックスウェル、ディアンジェロのツアー・メンバーとしても注目を集めたヒップ・ホップ界随一のドラマー、クリス・デイヴといった超実力派プレイヤーたちが集結し、躍動感溢れるサウンドを創り出している。そしてこの錚々たるミュージシャン陣をまとめるべく今作のプロデュースにあたったのは、今年アラバマ・シェイクスをグラミー3部門受賞に導いた新鋭プロデューサー=ブレイク・ミルズ。彼はジョン本人たっての熱い要望により今作のプロデューサーに迎えられ、壮麗なゴスペル風オープニング・トラック「アイ・ノウ・ベターから、前述のチャンス・ザ・ラッパーをフィーチャリングしたスムースなダンス・トラック「ペントハウス・フロアに至るまで、ジョン・レジェンドの新たなるサウンドとヴォーカルの魅力を十二分に引き出しており、音楽ファン必聴の最高傑作に仕上げている。


先日、米『ローリングストーン』誌が発表した「2016年の年間ベスト映画 TOP20」で堂々のNo.1を獲得した全米で今週公開を迎える話題のミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』にも出演し、そのサウンドトラックにも楽曲を提供しているほか、同映画のエグゼクティヴ・プロデューサーとしても名を連ねるなど、そのマルチな活躍ぶりでもエンターテイメント業界からさらなる注目を集めているジョン・レジェンド。その待望の最新傑作アルバム『ダークネス・アンド・ライト』国内盤はボーナス・トラックが3曲追加された豪華仕様で本日リリースとなっている。

 

【ジョン・レジェンド: リリース情報】

ニュー・アルバム「ダークネス・アンド・ライト」

発売中

<国内盤CD

SICP-5140 / 2400+

アルバム収録曲

01. I Know Bette

02. Penthouse Floor (feat. Chance the Rapper)  

03. Darkness and Light (feat. Brittany Howard) 

04. Overload (feat. Miguel) 

05. Love Me Now 

06. What You Do to Me 

07. Surefire  

08. Right By You (for Luna) 

09. Temporarily Painless 

10. How Can I Blame You 

11. Same Old Story 

12. Marching Into the Dark 

13. Drawing Lines

14. What You Do To Me (Piano Demo) 

15. Love You Anyway


<配信>

iTunesにて配信中

https://itunes.apple.com/jp/album/id1170697676?app=itunes&ls=1


【ジョン・レジェンド: バイオグラフィー】

グラミー10冠、2016年にはアカデミー賞主題歌賞も受賞したシンガー・ソングライター/ピアニスト。197812月生まれの37歳。高校を次席で卒業後、ペンシルヴェニアニア大学に奨学金で入学。幼少時代からゴスペルやピアノで音楽的要素を身につけ、大学時代には全米トップのアカペラ・グループでメンバー兼ミュージカル・ディレクターを務める傍ら、98年にローリン・ヒルの傑作アルバム『ミスエデュケーション』にセッション・ピアニストとして参加するなど、10代から頭角を現す。その後カニエ・ウェストと運命的出会いを遂げ、カニエが設立したレーベル「G.O.O.D.」の第一弾アーティストとして、200412月にアルバム『ゲット・リフテッド』(全米4位)でデビューを果たし、第48回グラミー賞最優秀新人賞を含む3部門を受賞する。2006年には2ndアルバム『ワンス・アゲイン』(全米3位)、2008年に3rdアルバム『エヴォルヴァー』(全米4位)、2010年には以前より親交の深かったザ・ルーツとの全編コラボ・アルバム『ウェイク・アップ!』、そして2013年、自身初の全米1位シングル「オール・オブ・ミー」を収録した4thアルバム『ラブ・イン・ザ・フューチャー』(全米4位)を発表する。また映画分野においても、2012年アカデミー賞作品賞受賞の『それでも夜は明ける』ではサウンドトラックの監修を手掛け、キング牧師と公民権運動をテーマに描いた映画『グローリー/明日への行進』では、コモンとのコラボレーションとなる主題歌「グローリー」で2016年アカデミー賞主題歌賞を受賞。授賞式で披露された圧巻のライヴ・パフォーマンスとスピーチが世界中で大きな感動を呼んだ。そして127日、最新ヒットシングル「ラヴ・ミー・ナウ」を収録した、通算5作目となる約3年ぶりの新作『ダークネス・アンド・ライト』(国内盤)をリリース。2017年には、話題の映画『ラ・ラ・ランド』(2017224日全国ロードショー)

日本公式サイト http://www.sonymusic.co.jp/JohnLegend/  

海外公式サイト www.johnlegend.com  


  • 総合TOP
  • オンラインショップ
  • manhattanrecords shibuya store
  • manhattanrecordings
  • Mail Magazine メルマガお申し込み
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • ブログ