1. TOP > 
  2. NEWS > 
  3. ア・トライブ・コールド・クエスト、20年ぶりの全米1位獲得後、初パフォーマンス!バスタも参加!

BLOG ブログ

2016/12/14ア・トライブ・コールド・クエスト、20年ぶりの全米1位獲得後、初パフォーマンス!バスタも参加!

jimmy.jpg90年代、それまでの"タフ"HIP HOPのイメージを覆し、"ウィットとユーモア"に富んだ全く新しいスタイルで、HIP HOP史上に革命を起こした最も重要な集団として知られる"ネイティブ・タン"の中心的存在として、世界中の音楽シーンに今もなお多大なる影響を与え続ける伝説的グループ、ア・トライブ・コールド・クエスト。18年ぶり6作目となる、奇跡の新作にして最後のアルバム『ウィ・ゴット・イット・フロム・ヒア...サンキュー・フォー・ユア・サービス』が1996年に発表した4作目『ビーツ、リズムス・アンド・ライフ』以来20年ぶりの全米制覇を獲得。

先日、米人気番組"ジミー・キンメル・ライブ!"、バスタ・ライムスと共に出演し「ディス・ジェネレーション」のパフォーマンス映像が公開となった。

ディス・ジェネレーション」パフォーマンス映像:

1990年に発表したデビュー・アルバム『ピープルズ・インスティンクティブ・トラベルズ・アンド・ザ・パスィス・オブ・リズム』がいきなりHIP HOPシーンで最も権威のある専門誌『The Source』で満点の評価を獲得し、以降、1998年までに計5枚のオリジナル・アルバムをリリースし、「ボニータ・アップルバム」「キャン・アイ・キック・イット?」「オー・マイ・ゴッド」「エレクトリック・リラクゼーション」「ジャズ」など様々な名曲を残し、90年代のトレンド・セッターとしての常にHIP HOPシーンの先端を走ってきア・トライブ・コールド・クエスト。

18年ぶり通算6作目となる奇跡の新作にして最後のアルバム『ウィ・ゴット・イット・フロム・ヒア...サンキュー・フォー・ユア・サービス』がグラミー賞<ベスト・ラップ・アルバム><ベスト・ラップ・パフォーマンス>の2部門にてノミネートされた1996年発表の4作目『ビーツ、リズムス・アンド・ライフ』以来20年ぶりの全米アルバム・チャート制覇となった。また、米人気番組「サタデー・ナイト・ライブ」で今年3月に糖尿病による合併症によって亡くなったメンバー、ファイフへのトリビュート・ライブとして披露し大きな話題となった「ウィー・ザ・ピープル....」のミュージック・ビデオも本日公開されている。

「ウィー・ザ・ピープル....」ミュージック・ビデオ:

 

 この楽曲は「アメリカ合衆国は、国民に尽くすために存在する」という、アメリカ憲法の一文目をメインテーマに国やメディアの在り方についての痛烈なメッセージを歌った楽曲であり、ミュージック・ビデオではQティップとファイフが自身の音楽/声を通して<現代社会に生きる人々を奮い立たせる>映像となっている。


また初期のア・トライブ・コールド・クエストの作品から参加し、今回のビデオでもカメオ出演しているバスタ・ライムスは次のようにコメントしている。

「トライブが歴史的に、現代に、そして将来的にどういう意味を持つのか分かるだろ。トライブが俺にしてくれたことを振り返るのは素晴らしい気分だ。知的な意味でも彼らは"音楽シーン"に対しとても重要な貢献をしてきたんだ。」-バスタ・ライムス

a-tribe-called-quest-new-album-launch-partyDSC00112.jpg最新アルバム『ウィ・ゴット・イット・フロム・ヒア...サンキュー・フォー・ユア・サービス』は前作から18年の時を経て完成させた通算6作目となるスタジオ・アルバムで、今年の3月に45歳の若さでこの世を去ったファイフ、2作目以降脱退していたジェロビ・ホワイトも加わった、実質上フルメンバーとしては最後のスタジオ・アルバムとなる。制作陣も、カニエ・ウエスト、エルトン・ジョン、ジャック・ホワイト、アンドレ3000から、今年の第58回グラミー賞では最多11部門にノミネートされ、最優秀ラップソング、最優秀ラップ・アルバムなどの5部門を受賞したケンドリック・ラマー、初期のア・トライブ・コールド・クエストの作品から参加しているバスタ・ライムス、そしてバークリー音楽院出身の日本人で、NYを拠点に活動するキーボード奏者ビッグユキ等、ジャンルや世代を超えた豪華アーティストが参加する話題作で、ここ日本でもiTunes総合チャート2位、ヒップホップ/ラップ・チャートで1位を記録した。

無題.jpgまた今作の発売を記念し、世界各国の著名人/アーティストから祝福の動画コメントが寄せられ、ファレル・ウィリアムス、DJキャレド、第56回グラミー賞ベストR&Bパフォーマンス部門にノミネートされたハイエイタス・カイヨーテのネイ・パーム、人気K-POPグループEXOのチャンヨルなど豪華著名人に並び、日本からは井上三太、沖野修也、久保田利伸、Kダブシャイン、Zeebra、スチャダラパー、DAOKO、高木完、DJ KRUSHDJ MITSU THE BEATSDJ LEAD等、計10名のコメントが海外公式サイトにて公開されている。 (五十音順・敬称略)

ア・トライブ・コールド・クエスト海外公式特別サイト:

http://www.atribecalledquestvideos.com/#video_24

 伝説的HIP HOPグループ、ア・トライブ・コールド・クエストの新作にして終幕となるアルバム『ウィ・ゴット・イット・フロム・ヒア...サンキュー・フォー・ユア・サービス』のリリースは、2016年のHIP HOPシーンだけでなく全音楽シーンで大きな話題となっている。

We_Got_It_From_Here,_Thank_You_For_Your_Service.png【ア・トライブ・コールド・クエスト: リリース情報】

ニュー・アルバム『ウィ・ゴット・イット・フロム・ヒア...サンキュー・フォー・ユア・サービス』

CD / LP

購入はこちら!!

iTunes購入リンク:

https://itunes.apple.com/jp/album/id1173106678?app=itunes&ls=1

トラックリスト

1. ザ・スペース・プログラム

2. ウィー・ザ・ピープル....

https://www.youtube.com/watch?v=vO2Su3erRIA

3. ホワットエヴァー・ウィル・ビー

4. ソリッド・ ウォール・オブ・サウンド ft. バスタ・ライムス & エルトン・ジョン

5. ディス・ジェネレーション ft. バスタ・ライムス

6. キッズ... ft. アンドレ3000

7. メラトニン

8. イナフ!!

9. メビウス ft. コンシークエンス & バスタ・ライムス

10.ブラック・スパスモディック

11.ザ・キリング・シーズン ft.タリブ・クウェリ、コンシークエンス & カニエ・ウエスト

12.ロスト・サムバディ

13.ムーヴィン・バックワーズ ft. アンダーソン.パーク

14.コンラッド・トーキョー ft. ケンドリック・ラマー

15.エゴ

16ザ・ドナルド

 

【ア・トライブ・コールド・クエスト: プロフィール】

MCQティップ、ファイフ・ドーグにDJ兼プロデューサーのアリ・シャヒード・ムハマド、ジェロビ・ホワイトの4名からなるHIP HOPグループ。1988年に結成し、デビュー以来、生音と重低音にこだわった"ジャジー"なサウンドと洗練されたリリックで90年代のヒップホップを牽引してきた。1998年までに計5枚のオリジナル・アルバムと、15タイトル以上のシングルを残し、HIP HOP史上最重要グループのひとつと称される人気/影響力を誇っている。残念ながらファイフ・ドーグは20163月に糖尿病から生じた合併症のため死去。'161111日、18年ぶりに発売される新作『ウィ・ゴット・イット・フロム・ヒア・サンキュー・フォー・ユア・サービス』にはそのファイフが生前録音していた作品も収録されており、2作目以降脱退していたジェロビ・ホワイトも加わった、実質上フルメンバーとしては最後のスタジオ・アルバムとなっている。

海外公式サイト:

http://atribecalledquest.com/home/



RECENT ENTRY

  • 総合TOP
  • オンラインショップ
  • manhattanrecords shibuya store
  • manhattanrecordings
  • Mail Magazine メルマガお申し込み
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • ブログ