1. TOP > 
  2. NEWS > 
  3. 【"ADM"の時代へ】ジャンルを超えた心揺さぶるDJデュオ=MAKOのオフィシャル・インタビューが到着!

BLOG ブログ

2016/12/20【"ADM"の時代へ】ジャンルを超えた心揺さぶるDJデュオ=MAKOのオフィシャル・インタビューが到着!

MAKO.jpg<ジュリアード音楽院>でクラシックを学び、音楽の殿堂<カーネギー・ホール>での演奏歴も誇るアレックスと、コロンビア大学卒業後、大型野外音楽フェスティバル<ロラパルーザ>への出演や、アヴィーチーやティエストらと共演を果たすなどダンス・ミュージック・シーンの第一線で活躍してきたローガンからなる、異色の"文系"デュオ"MAKO"。美しくも儚ない泣きのメロディーと、ダンス・ミュージックの高揚感を絶妙に織り交ぜた唯一無二のサウンドは、どうやって産まれたのか?ザ・チェインスモーカーズやカイゴに続く存在として注目を集めている彼らのオフィシャル・インタビューが到着した。

HOUR.jpg

◆ それぞれの音楽的背景を教えてください。

ーローガン : 音楽的背景でいうと、僕は小学校3年生の時にサックスフォンをはじめたんだ。ピアノとギターも少しだけ弾いてたんだ。そして17歳の時にはじめたDJがきっかけで本格的に音楽の世界にのめりこんでいったんだ。

アレックス : 僕たちの音楽的背景はまさに真逆と言っていいくらいに違っていたんだ。ローガンは2006年頃からずっとエレクトロニック・ミュージックが好きで大学生になってから本格的にDJをはじめたんだ。一方で僕はずっとクラシック音楽の勉強をしていて(ホルンを演奏してたんだよ!)、テレビや映画の作曲活動もしていたんだ。最初に僕たちが出会った時は、まったく違うジャンルの音楽をどうやってひとつのかたちに出来るか、とにかく楽しみで仕方がなかったんだ。

 

 アーティスト名MAKOはどのようにして決まりましたか?

ローガン : あるCM楽曲を二人で制作し終えた時に依頼主から「君たちのアーティスト名は何?」って聞かれたんだ。だから、二人が幼少期に感じたものや印象の強かったものをもとに挙げた数ある候補の中から決めた名前なんだ。"MAKO"は「ファイナル・ファンタジーXII」っていうゲームの中で"神秘的な光"を意味するって聞いて、僕の姓もちょうど"光(ライト)"だしと思って決めたんだ(笑)。

 

 アコースティックやオーケストラなどのサウンドをダンス・ミュージックと融合させる、というアイディアはどのようにして生まれたのですか?

アレックス : アイディアというよりも「まったく違う音楽的背景をもつ二人が新らしく何かを生むにはどうしたらいいか。」って考えた時に、自然とこれらの音楽を融合させるべきだという結論が出たんだ。

 

 ニュー・アルバム『アワードグラス』にはどのようなコンセプト/メッセージが含まれていますか?

アレックス : 『アワーグラス』というアルバム/作品を通して、僕たちが実際に経験してきたことをもとに率直に、あるいは比喩的に表現したひとつの大きな物語を伝えたいと思っているんだ。"音"をつくる上では「美しい音」を徹底的に追求することを常に心がけていたよ。

 

 今作あるいは収録楽曲を制作する上で大変だったことはありますか?また制作に自身に課したルールなどはありましたか?

アレックス : ルールがなかったことが制作する上で大変だったかも。特に真っ白なキャンバスに何かを描こうとする時って、自分の考えや意図するものをユニーク且つ独創的に、しかもそれらがきちんと凝集されたかたちで表現するのって本当に難しいことだと思うんだ。そういう意味では、音楽において、今回のアルバム制作がこれまでに直面してきた中で一番のチャレンジだったよ。

 

 「イントゥ・ザ・サンセット」、「スモーク・フィルド・ルーム」、「ラン・フォー・ユア・ライフ」にはそれぞれどのようなメッセージが込められていますか?

アレックス : 「イントゥ・ザ・サンセット」は栄光と冒険を求めて古きよきアメリカ西海岸を旅するあるカップルが銀行強盗をする内容の歌。「スモーク・フィルド・ルーム」は近しい人が成長するにつれ全く別人になっていくことを憂う気持ちを歌った、人生、愛そして時間がテーマの曲。「ラン・フォー・ユア・ライフ」は抑圧を解いて、前進させまいとまとわりついてくる様々なしがらみのある世界から自分を解放する歌なんだ。 

   

 アルバムの中でどの楽曲が一番好きですか?

ローガン : Wow、これは難しい質問だね。日々かわったりしちゃうからね。でもあえて選ぶとしたら「パラダイス・ロスト」かな。理由は僕にもわからないけど、とにかく今日はこれが一番好きな気分なんだ。

  

 日本に来たことはありますか?日本にはどのような印象をお持ちですか?知っているもしくは聞いたことのあるアニメや日本人アーティストはいますか?

ローガン : うん、日本には行ったことはあるよ、最高の国だよ!僕の兄弟が2年間日本に住んでたことがあって(今もちょうどまた遊びに行ってるみたいだけど)、その時一度会いに行ったことがあるんだ。とにかく美しくてマジカルな国だよね。名前までは覚えられなかったけど、兄弟からはたくさんのアニメとか日本人アーティストを教えてもらったよ。本当に素晴らしい文化を持った国だと思っているよ。

 

 最近お気に入りのアーティスト/楽曲はありますか?また、一緒に仕事をしてみたいアーティストは?

アレックス : 僕たちは二人ともレディオヘッドが大好きなんだけど、僕たちと同じ音楽的ジャンルにおいて一緒に仕事をしてみたいのはポーター・ロビンソン&マデオンだね。是非コラボしてみたいと思っているんだ。

 

 今後のMAKOの展望を教えてください。

アレックス : これからもMAKOをもっと知ってもらうためにたくさんアルバムを制作して、いずれは大きなライヴ会場でオーケストラの方々と一緒にパフォーマンスしてみたいんだ。あと僕は映画やテレビ番組用の楽曲も作詞/作曲するのが夢なんだ。

 

mako (1).jpg

 2人の"秀才"が新たな音楽の可能性を求め、4年もの歳月をかけて完成させたデビュー・アルバム『アワーグラス』は、これまでのダンス・ミュージックを基盤としながらも、ピアノやギターからオーケストラ・サウンドまでを大胆に取り入れ、さらに彼らが影響を受けたロック・サウンドをも融合した次世代型ダンス・ミュージックが詰まった作品となった。

今作には、ノルウェー出身のプロデューサー・チーム=Rat Cityがプロデューサーとして参加している最新シングル「ラン・フォー・ユア・ライフ feat. ナタロラ」を始め、昨年8月のリリース後に米<アイ・ハート・レディオ>にてダンス・チャート1位を獲得したシングル「スモーク・フィルド・ルーム」「イントゥ・ザ・サンセット」などを収録。125日に米ビルボード・ライヴで披露した「スモーク・フィルド・ルーム」などのアコースティック・ライヴ映像が公開されており、ダンスミュージックというカテゴリーには収まりきらない素晴らしいパフォーマンスを披露している。

MAKO最新パフォーマンス映像:

 

 これまでにも、クラシックの音楽祭<レイク・ジョージ・ミュージック・フェスティバル>にて自身の楽曲に管弦楽団を迎えパフォーマンスするなど、常に新しいサウンドを追求してきたMAKO。そんな"文系"デュオにしか到達できない、優雅で知的且つ挑戦的な"ADM"サウンドに注目が集まっている。

 

MAKO: リリース情報】

デビュー・アルバム

MAKO 『アワーグラス』

発売中

iTunes購入リンク:

https://itunes.apple.com/jp/album/hourglass/id1175097504?app=itunes&ls=1


トラック・リスト

01. Let Go Of The Wheel / レット・ゴー・オブ・ザ・ウィ

02. Real Life / リアル・ライフ

03. Smoke Filled Room / スモーク・フィルド・ルーム

https://www.youtube.com/watch?v=tL1dv6ecRrg

04. Wish You Back feat. Kwesi / ウィッシュ・ユーバック feat. クゥエシ

05. Into The Sunset / イントゥ・ザ・サンセット

06. Run For Your Life feat. Natalola / ラン・フォー・ユア・ライフ feat. ナタロラ

07. Paradise Lost / パラダイス・ロスト

08. Craziest Day I Ever Had / クレイジエスト・デイ・アイ・エヴァー・ハッド

09. North Dakota / ノース・ダコタ

10. Devil May Cry / デビル・メイ・クライ

11. Way Back Home / ウェイ・バック・ホーム

12. Our Story (Hourglass Finale) / アワー・ストーリー(アワーグラス・フィナーレ)

https://www.youtube.com/watch?v=pNY_5Z0hTJ4

13. Wish You Back feat. Kwesi (The Him Radio Edit) /

ウィッシュ・ユー・バック feat. クゥエシ(ザ・ヒム・ラジオ・エディット)

https://www.youtube.com/watch?v=2_7lChA0KHQ

 

MAKO: バイオグラフィー】

アメリカ出身、ジュリアード音楽院卒業でプロデューサー/ソングライター/ボーカリストであるAlex Seaver(アレックス・シーバー)と、コロンビア大学卒業でプロデューサーのLogan Light(ローガン・ライト)からなるプロデューサー/DJデュオ。シングル「Beam」が爆発的にヒットし、YouTubeでは700万回以上再生され、アメリカのデジタル・ラジオ番組「シリウスXMラジオ」のテーマソングに使用されるなどヒット・プロデューサーの仲間入りを果たす。その後、元スウェディッシュ・ハウス・マフィアのメンバーとして知られるスティーヴ・アンジェロの楽曲「チルドレン・オブ・ザ・ワイルド」へ参加したことで大きな話題を呼び、現在では「ロラパルーザ」や「エレクトリック・ズー」、「ウルトラ・ミュージック・フェスティバル」、「コーチェラ」など数々の大型音楽フェスティバルに出演。2016年、これまでのEDMサウンドから離れ、アコースティックなサウンドを取り入れた"ADM(アコースティック・ダンス・ミュージック)"を代表するアーティストとして世界中から注目を集める中、12月にデビュー・アルバム『アワーグラス』を発表した。

MAKO」海外公式サイト

http://www.wearemako.com/

ULTRA MUSIC JAPAN公式イツイッター

https://twitter.com/UltraMusicjp

ULTRA MUSIC JAPAN公式フェイスブック

https://www.facebook.com/ultramusicjapan

ULTRA MUSIC JAPAN公式インスタグラム

https://www.instagram.com/ultramusicjp/

 

  • 総合TOP
  • オンラインショップ
  • manhattanrecords shibuya store
  • manhattanrecordings
  • Mail Magazine メルマガお申し込み
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • ブログ