1. TOP > 
  2. NEWS > 
  3. ファレル・ウィリアムスが全曲書き下ろし&プロデュースした映画『ヒドゥン・フィギュアズ』のサントラ!

BLOG ブログ

2016/12/09ファレル・ウィリアムスが全曲書き下ろし&プロデュースした映画『ヒドゥン・フィギュアズ』のサントラ!

CIA.jpgファレル・ウィリアムスが全曲書き下ろし、プロデュースを手がけた、話題の映画『ヒドゥン・フィギュアズ』。今作のサウンド・トラックにはファレル・ウィリアムスの他、アリシア・キーズ、メアリー・J.ブライジら豪華ゲスト陣が参加しており、ファレルならではのスタイリッシュなソウルとゴスペルが融合した至極の10曲が収められている。 

pharrell-williams.jpgアメリカ航空宇宙局<NASA>を支えた3人のアフリカ系アメリカ人女性を描いたノン・フィクション映画『ヒドゥン・フィギュアズ』。ファレル・ウィリアムスが全曲書き下ろし、プロデュースを手がけた同映画のサウンドトラックが本日リリース!アルバムにはファレル・ウィリアムスの他、アリシア・キーズ、メアリー・J.ブライジら豪華ゲスト陣も参加、ファレルならではのスタイリッシュなソウルとゴスペルが融合した至極の10曲が収められており、今年9月にトロント国際映画祭で披露されたライヴ映像5曲も公開された。


トロント映画祭でのライヴ映像

・「Runnin' / ランニン」

 

・「Crave / クレイヴ」

 

サウンドトラックはもちろん、ファレルが製作プロデュースにも携わった映画『ヒドゥン・フィギュアズ』は全米で201716日に公開予定だが、メインキャストの3人には、『Empire 成功の代償』でゴールデングローブ賞<主演女優賞(TVシリーズ部門)>に輝いたタラジ・P・ヘンソン、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』でアカデミー賞やゴールデングローブ賞の<助演女優賞>を受賞したオクテイヴィア・スペンサー、そしてサウンドトラックにも参加しているジャネール・モネイが抜擢され、NASAを支えた3人のアフリカ系アメリカ人女性を好演。さらにケビン・コスナーの出演も話題を呼んでいる。

映画『ヒドゥン・フィギュアズ』予告映像

 

 この映画についてはファレルは、「女性による歴史的貢献は、つい最近まで、間違って伝えられたり時に削除されてしまうことさえあった。それらは正しく伝えられるべきだし、そもそも女性というのは、抑圧に屈せず更に逞しく立ち上がる強さを持っているんだ。」と語っている。

 2014年に発表された自身のアルバム『G I R L / ガール』(:"G" "I" "R" "L"の間は半角スペースを空けてください)も、「全ての女性への感謝」と「現代社会における女性の平等化を提起」した作品であり、同作品に収録されている大ヒット・ソング「ハッピー」は、もともとはアニメ映画「怪盗グルーのミニオン危機一発」(原題「Despicable Me 2)に提供された曲だ。"女性""映画"に深い関わりを持つファレル・ウィリアムスが新たに手掛けた『ヒドゥン・フィギュアズ』は、音楽も映画も要注目の作品だ。

 

【商品情報】

サウンドトラック

Hidden Figures / ヒドゥン・フィギュアズ』

発売中<輸入盤 / デジタル配信>

トラックリスト

01. Runnin' feat. Pharrell Williams 

02. Crave feat. Pharrell Williams 

03. Surrender  feat. Lalah Hathaway and Pharrell Williams 

04. Mirage feat. Mary J. Blige 

05. Able feat. Pharrell Williams

06. Apple feat. Alicia Keys and Pharrell Williams

07. Isn't This The World feat. Janelle Monáe

08. Crystal Clear feat. Pharrell Williams

09. Jalapeño feat. Janelle Monáe and Pharrell Williams

10. I See A Victory feat. Kim Burrell and Pharrell Williams

 

Hidden Figures / ヒドゥン・フィギュアズ』 iTunes購入リンク:

https://itunes.apple.com/jp/album/id1173993509?app=itunes&ls=1

 

●Pharrell Williams G I R L

465.jpgオフィシャルLPが到着!!! 原宿版"Happy"の動画がここ日本で話題になるなど既にお茶の間ヒットの域にまで達しているPharrellの今年を代表する大人気アルバム"Girl"。アルバム全体を通して正に「ザ・ファレルサウンド」全開な聴き易い1枚です。これは確実に押さえておきましょう!!

LP購入リンク

http://manhattanrecords.jp/GIRL/product/0/2000001062364/?cat=&swrd=Pharrell+Williams

iTunes購入リンク:

https://itunes.apple.com/jp/album/g-i-r-l-japan-version/id863835302?app=itunes


【ファレル・ウィリアムス】

シンガー、ソングライター、プロデューサーとしてはもちろん、ファッション/カルチャー・アイコンとしても世界にその名を知らしめるスーパー・マルチ・アーティスト。

プロデューサー・ユニット"ザ・ネプチューンズ"のメンバーとして10代の頃からプロデュース業に関わり、2001年に自身がプロデュースしたブリトニー・スピアーズのシングル「アイム・ア・スレイヴ・フォー・ユー」が初の全米1位を獲得、その後もマドンナ、ジャスティン・ティンバーレイク、カニエ・ウェスト、アッシャー、ネリー、シャキーラ、アダム・ランバート等、数多くのビック・アーティストやヒット・ソングの楽曲に携わり、2013年には、同年最大のヒット曲となった、ダフト・パンク「ゲット・ラッキー」とロビン・シック「ブラード・ラインズ」の両楽曲ほか、全米アルバム・チャート1位を獲得したビヨンセ、Jay-Z、マイリー・サイラス等の楽曲も手掛け、第56回グラミー賞では「最優秀プロデューサー賞」他ダフト・パンクと共に主要2部門(「最優秀レコード賞」「最優秀アルバム賞」)を含む計4冠を獲得した。

2014年発売の自身のアルバム『G I R L / ガール』は世界12カ国で1位を獲得し第57回グラミー賞「最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム」も受賞、日本でもタワーレコード年間チャート(洋楽部門)やアマゾン年間ランキング「best of 2014」洋楽部門&輸入盤部門で1位に輝いた。また同アルバムに収録されている大ヒット・シングル「ハッピー」は全米シングル・チャート10週連続1位に輝き、第87回グラミー賞「最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス」も受賞、英米の年間シングル・チャートで1位を獲得した他、日本でも2014年度 年間ラジオ エアプレイチャート1位に輝いた。


  • 総合TOP
  • オンラインショップ
  • manhattanrecords shibuya store
  • manhattanrecordings
  • Mail Magazine メルマガお申し込み
  • twitter
  • facebook
  • Instagram
  • ブログ