1. TOP > 
  2. NEWS > 
  3. 【特集】J DILLA/MADLIB 関連まとめ : フォロワー系Lo-Fi BEATSなども合わせて紹介

BLOG ブログ

2020/08/20【特集】J DILLA/MADLIB 関連まとめ : フォロワー系Lo-Fi BEATSなども合わせて紹介

SP2020H001.jpg
<関連アーティストのアイテム検索に便利な、特集コーナーを開設しました>

DIGGIN'LIFEのアシストに、ぜひご活用ください

今回はJ DILLA, MADLIB関連。

偉大なプロデューサー/ビートメイカーの二人がシーンに与えた影響は数知れず...

本人名義の作品~関連作~フォロワーズ関連まで、入荷中のアイテムからピックアップ!

★オンラインストア内に特集コーナーもご用意⇒コチラより★

各商品の購入ページは画像をタッチorクリック↓

Welcome 2 Detroit Instrumental

J Dilla Aka Jay Dee

10周年記念アートワーク、リミテッド・エディション
クラシック。初のソロアルバムとして2001年に発売された本作は、タイトル通りジェイディーがデトロイト特有の黒いグルーヴを演奏。グッと地を這うベースと、最新鋭のタイトなスネアが中心の作品が多くその中にエレピ・ローズやホーンなどを満たせた素晴しい曲で構成。
ドナルド・バードのカヴァー'THINK TWICE'をはじめ、今なお色々な意味で「最強」と呼ばれるに相応しい殿堂入りの歴史的傑作。より良く「生」で楽しめる、インストゥルメンタルミュージックの名盤です。





THUGGIN'などEPの連続リリースの後、コラボアルバムPINATAで見せた相性の良さは健在
最強タッグによる5年振りのコラボアルバム。GIBBSのラップを援護したINST盤!





MADVILLAINY

MADVILLAIN

2004年に誕生した最強のタッグの名盤中の名盤
全体を通して貫かれたサンプリングソースの吟味、手法、解釈、などHIP HOPのプロダクションの心臓部において天才ぶりを見せつけるこの二人。そこから生まれる世界観はアーティスティックであり、誰も到達していない正にネクスト・レベルのブラックミュージック!! ズバリ、傑作です!!!





HOME

ILLA J

J DILLAの実弟、ILLA J(イラ・ジェイ)の3rdアルバム
独ベルリンを拠点に置くインディペンデント・レーベル「JAKARTA RECORDS」からのリリース。トータルプロデュースにCalvin Valentineを起用し、ILLA Jのメロディセンスの冴えわたる、ソウル溢れる快作。





SONGS TO BREAK UP TO

TA-KU

50 Days For Dilla、25 Nights For Nujabesなどのリリースで、10年代のLo-Fiビートシーンを牽引したオーストラリア出身の稀有な才能、Ta-Kuの名作が待望のリイシュー
HW&W Recordingsから2013年にリリースした名盤「Songs To Break Up To」が嬉しい再発。2018年に、前衛的な音楽を展開する名門Future Classicからの再発もあったが、限定プレスであった為即完売。オリジナル盤同様に、中古市場で高騰し希少になっていた。

現在では、自ら歌唱するなどアートの幅を広げ、アーティストとして飛躍する彼の原点を感じる、Lo-Fiさが際立つ美麗な旋律が心地よい初期ビート作品。





MUTUAL FRIENDS: COMPILED BY STIAN STIAN STU

VARIOUS ARTISTS

ミュージシャン、ビデオグラフィックアーティストなどが集まるスウェーデンのコレクティブ"Mutual Intentions"から、主宰Stian Stu監修のJazzy HipHop Beatsコンピレーションアルバムがリリース
FloFilz, Bluestaeb, Fredfades, Elaquent, Ol'Burger Beats, SRAW, 10.4 ROG, Yogisoulなどが楽曲提供。Freddie Gibbs & Madlib, Kiefer, Wiley, Samm Henshaw, Lily Allenといったアーティスト作品~Nike, Beamsなど企業系まで手掛けるイラストレーター"Joe Prytherch"によるアートワークも見逃せない。





全編生バンドのJ DILLAインスト・カバー・アルバム
So Far To Go, Two Can Win, Workinonitなどの名曲をAbstract Orchestraがリスペクトと愛情を込めてカバー。オーケストラの名の通り大所帯編成のジャズ・ヒップホップ・ビッグバンドで、現行UKジャズ/ヒップホップ名レーベルATAからのリリース作。





6th.ソロ・ラップ・アルバムがMass Appealからリリース
ソロとしてはIf There's A Hell below以来4年ぶりとなるアルバムが、ライブ・バンドNat Turnerとの前作The Rebellion Sessionsを経て堂々完成。 ※カラー・ヴァイナル仕様。





OBLIQUE KITCHN

MNDSGN

MNDSGNが2012年にハンドメイドのカセットテープで限定リリースした作品「OBLIQUEKITCHN」がアナログ盤で再リリース





WELCOME TO LOS SANTOS

THE ALCHEMIST & OH NO

人気クライム・アクション・ゲーム「GRAND THEFT AUTO V」に登場する都市Los Santosと、GTA Vのサントラにインスパイアを受けて制作されたコンセプトアルバム
実際のサントラにも今作と同名タイトルの曲をOH NOが提供している。また、本家のフィジカル盤も本アルバムと同じでNasのレーベル「Mass Appeal」が制作。参加アーティストは自身らのユニットGangrene、Ab-Soul、MC Eiht + Freddie Gibbs、E-40など西海岸ヒップホップ勢が軸となる中、Vybz Kartel、Popcaanなどレゲエ勢からMNDR、Little Dragonといったエレクトロニカのアーティストの名前も。「ビデオゲーム」の名のもとに介したボーダーレスなアーティスト達を、The AlchemistとOh Noがプロデュースすることで生まれるケミストリーは、昔のDIPLOにも近い、当時としては前衛的で斬新なサウンドに仕上がっている。



オンラインストアの特集ページは下の画像をタッチorクリック↓↓↓
IMG_20200820_190105 - コピー.jpg

ARCHIVES