1. TOP > 
  2. NEWS > 
  3. 2014.5.16 FRI BUB feat.A-TRAK @VISION

BLOG ブログ

2014/05/082014.5.16 FRI BUB feat.A-TRAK @VISION

20140516_atrak_vision.jpg 新たなカリスマA-TRAKをメインゲストに
注目のパーティが始動!!


世界中のフェスティバルでヘッドライナーとして活躍するA-Trak。5つものワールド・チャンピオンシップを制した超絶スクラッチスキルを誇り、この日、VISIONをさらに熱くさせる驚異の新パーティ"BUB"が始動する。

初回のメインアクトにフィーチュアされたのは、DAVID GUETTA、2 ManyDJs、Calvin Harris、DIPLO、STEVE AOKIといった数々のビッグネームからの称賛をほしいままにする、新世代のカリスマである。

当日はDUCK SAUCEで待望のファーストアルバムをリリースしたばかりの彼のプレイに加え、レジデントとなるSONPUBやMCを務めるWISE、ファッション界からも注目を集めるJNGLFVRが登場。狂乱の一夜がそこにある。





a_trak_500.jpg A-TRAK
スクラッチ/バトルDJの世界ではA-TRAKの名前はすでに伝説である。15歳にして世界最高峰のDJ大会、DMCのワールドチャンピオンとなり以降3年間で世界の3大タイトル(DMC、ITF、ベスタクス)をすべて制覇し、5つのワールドチャンピオンシップで、優勝、天才ターンテーブリスとの名声を欲しいままにし、18歳にしてバトルDJとしてのキャリアから早々と引退した。その後、世界中をクラブDJとしてツアーをしている最中、ロンドンでカニエ・ウェストにスカウトされ、ツアーでのオフシャルDJとしてスタジアムツアーに参加、そしてコモンの『Be』、カニエの『LateRegistration』レコーディングにもに参加。それまでスクラッチで培ってきた、HIPHOPのセンスをベースに、兄、デイヴ(CHROMEO)の影響も強く受けながら独自の路線でエレクトロやハウス、ジャズなどのエッセンスを柔軟に取り入れ、A-TRAKファンはもはやヒップホップを知らない層までにも拡大している。"FOOL'SGOLD"というエレクトリックなダンスミュージックレーベルを主宰し、エレクトロシーンからも絶大な人気で受け入れられ、パリのレーベル「Kitsune」からのシングル「SayWhoa」をリリース、アルマンド・ヴァン・ヘルデンとの今をときめくユニットDuckSauceでは、ネオクラシックなディスコハウスを前回プロデュースするジャンルを越えた活動を通じて、常にトレンドを創造している。'08/09年のソウルワックスやブラックアイドピーズとの来日公演ではその才能を存分に発揮し、現在ユースカルチャーで、最も注目度の高いアーティストである。


EVENT INFO
BUB feat. A-TRAK
powered by KATS'
日時:2014年5月16日(金) 22:00
会場:渋谷SOUND MUSEUM VISION
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビルB1F
料金:Ladies ¥2,500(1D) Mens ¥3,500(1D)
出演:
【GAIA : 90's HIP HOP | BASS】
Special Guest ACT:
A-TRAK

Guest ACT:
DJ Hoodboi

BUB Resident ACT:
SONPUB

Master of Ceremony:
WISE (TERIYAKI BOYZR)

Special ACT:
- JNGLFVR -
DJ DARUMA (JNGLFVR)
JOMMY (JNGLFVR)
BINGO (JNGLFVR)
GUNHEAD (JNGLFVR)
Chaki Zulu (JNGLFVR)

ACT:
Ava1anche
PIPI

VJ:
MASATO NAGATA


【DEEP SPACE : HIP HOP | BASS】
<<club247>>
ACT:
DaBook
DJ_H (55dsl/S.I.T)
K27T (MAGIC STICK)
Kazuma Takahashi (bonjour records)
Keisuke Matsuoka (Re:ception)
KN (ANTI NOISE)
LISACHRIS(PROPERPEDIGREE)
Nabe (JOYRICH)


【WHITE : HIP HOP | BASS】
Radd Lounge Presents
『HARAJUKUZ NIGHTMARE』VOL.03

Live:
KICc
PETZ (JUNKMANIA)

ACT:
RIE (GRIEN MONSTER)
BEERT (SAVANNA TOKYO PRODUCTION)
WRACK (CHEMICAL MONSTER)
K.W.A (RAGEHELL)
ISHIKAWA (PROPERPEDIGREE/JAGUAR-BASS)
STRAMACCIONI (YAMADA | CANNABIS)
TEE
π02 (HOME|BASS)
m!n (DOZEWELL inc.)
YAKARA (GR8)
PICASSO (RADD LOUNGE | PIERROT)
Can
TOGA MOUNTAIN JR (CANNABIS)
BIG KIN BOY (RADD LOUNGE)
IRIKI (RADD LOUNGE | ANTITHESIS.)


PHOTO:
CHIHIRO ONITSUKA (ONIJIRU)

VJ:
SHO


YOU MUST BE OVER 20
※本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しておりますので、写真付き身分証明証をお持ち下さい。


お問い合わせ:
SOUND MUSEUM VISION
TEL:03-5728-2824
http://www.vision-tokyo.com/



ARCHIVES